06«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

あれな出来事

変態さんの日常

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

ゲームレヴュー 「龍が如く」 

 
プレステ2のゲームです。



内容を要約すれば「面白いシェンムー」



自由度の高さが一際光るアクションゲームです。




ストーリーは・・・



簡単に言えば、ヤクザの抗争。難しく言っても、ヤクザの抗争。



チンピラを殴って、殴って、殴りまくるゲームです。



結論から言います。






最高に面白いです。






何がいいって、街にいるヤクザだかチーマーだか、そんなクズどもを掃除できるのが最高です。



新宿とか歩いていて思うんですよ。



下品なセルシオだかベンツに乗った、これまた下品としか言いようのないチンピラを叩きのめしたいと思いませんか!




思いますよね!




北斗神拳を使えたら指先一つでダウンなのだが、あいにく私は伝承者ではない。



朝起きたらに鉄雄くん並みのサイキック能力が覚醒していることもない。



だが、このゲームはそんな私のささやかながら切なる願いを叶えてくれたのです。



ゲーム上とはいえ、ヤクザを殴る爽快感といったら、これ以上のカタルシスはありません。



殴れるのは社会のクズと誉れ高いヤクザです。



一片の情もかけずに叩きのめすことができます。



このゲームと比較されるのが「GTA」ですが、同じように暴力シーンも多く、街の中を駆けずり回り何でもできる自由度の高さが共通しています。



ただ「龍が如く」は「GTA」と違い、そこらを歩いている一般市民を気ままに殴ることはできず、暴力に関しては因縁を吹っ掛けてきたチンピラを返り討ちにするという動機付けがあって行います。



無差別な暴力とは違い、正当防衛で行なっているのが圧倒的な爽快感を生んでいるのです。



その点が良心の呵責を感じずにすむのでしょう。




ヤクザというものは殴られて(駆除されて)当然の存在です。そこに一片の同情もありません。



ヤクザ(暴力団)の本質は、その暴力にあります。



みかじめ料(飲食店等に対する不正な料金の取立て)やら、因縁を吹っ掛けて金品を要求する行為、暴力的債権取立て、一般市民・弱者に対する暴力団という名前を使っての脅迫・示威行為、その他諸々。



このゲームではそんな暴力団の本質を具体的に理解できるのも興味深いです。



また一般人が知らないヤクザ(暴力団)についての知識も覚えることが出来ます。



ちなみに主人公が第一章で組長を殺したとして、「破門」の宣告をうけますが、通常なら主人公が本編で言っているとおり「絶縁」処分が適当です。



暴力団は典型的なピラミッド社会であって、上部の命令には絶対であることが組織上必要なのです。



子分が親分を殺すなどということは、非常に重い制裁が課せられるのです。



暴力団の世界では、その組織に対する責任の取り方として、



指詰め

その名のとおり断指です。組を脱退する場合などにみられる。意外にも責任の取り方としては軽いもの。最近は金で解決する方法が増えている。ゲーム本編で嶋野が部下の不始末に「ご機嫌やさかいな。指、2本で許したるわ」と言って実際にやっている。尚、作中度々出る「エンコ」とは指のことです。



破門 

組織が破門をされた者を客分としたり、結縁したり、商談、交際など一切のことについて相手としてはならない決まりです。絶縁と違うのは破門が許され元の組織に復帰できる可能性がある点です。



絶縁

破門と違うのは組織に復帰できる可能性がないということです。もっとも重い処分の一つ。






最後に感想を述べさせてもらいますと・・・


セガならではゲームだったと思います。


新宿歌舞伎町をモデルにしたと思われる街の緻密な設定、ヤクザ・チンピラの服装・台詞の再現、暴力団という組織の研究、はっきり言って無駄ともいえる作り込みがセガらしさを感じさせます。


それと、やっぱり家庭用ゲーム機で限界とも思える性風俗を表現したことが大きな特徴です。



家庭用ゲーム機で風俗店に行けるって、すごいことですよね。



シェンムー1通常版
シェンムー1通常版

category: 家庭用ゲームレヴュー

thread: ゲーム - janre: ゲーム

tag: 名作 
cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://hentai7777.blog.fc2.com/tb.php/274-01477f35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

ゲームーレヴュー索引

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。